PHP5 から PHP7 はパフォーマンスが2倍に改善されているそうで、

この環境は PHP7 が選択できるのでバージョンを上げてみた。

問題なく動いていそうな感じである。

管理画面の [システム▼] → [システム情報] で Joomla!のバージョンを確認する。

Joomla の承認ワークフローを実際に使ってみる。

    1. Author権限のユーザでログインして新規投稿する。
      投稿しても記事の一覧には表示されない。=状態が  になっている。
      ちなみに Author権限ユーザは管理画面にログインできない。
    2. 管理者でログインする。先ほどの投稿は  なので内容を確認して  に設定する。
    3. フロントから先ほどAuthorで投稿した記事が参照できる。
    4. 先ほど投稿した記事を、再度Author でログインして編集する。
      今度は管理者の承認なしに即時に反映される。

結論、最初の投稿については承認機能があるが、その後は自分が投稿者の公開記事ということで編集には制限がなくなってしまう。

管理画面の [エクステンション▼] → [モジュール] で を選択。

「カスタム」モジュールを選択して、サイドメニューに表示するには「表示位置」を position-7 に設定する。

サイドメニュー内で並びを変えるには モジュールの一覧で順番を変える。